スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

柳井 13年ぶり8強 24、25日に準々決勝

2021年7月23日09時00分 朝日新聞デジタル

 山口大会は22日、3回戦4試合があり、今夏の8強が出そろった。柳井は接戦で岩国工を破り、13年ぶりの8強入り。山口マツダ西京(山口市)に会場を移し、24、25の両日に準々決勝、27日に準決勝、29日に決勝がある。

     ◇

 一回途中から登板した柳井学園のエース宮本侑茉(ゆうま)君(3年)と、一塁手の岡原颯太郎主将(3年)は小学生時代から互いを知る「相棒」。声を掛け合い、最後まで試合を楽しんだ。

 六回2死満塁。宮本君に向かって岡原君が叫んだ。「いいよ、ナイスボール」。低めのスライダーで三振を奪うと、ベンチ前でグラブタッチを交わした。打ち込まれても野手に笑顔で声をかける宮本君。「大丈夫、侑茉は楽しめてる」。岡原君も一塁から声をかけ続けた。

 小学校は隣同士で、それぞれの学校のソフトボールチームに所属するライバル。当時、岡原君は投手で、宮本君は三塁手だった。最後の大会は決勝で対戦し、決着がつかず両校優勝になった。中学は同じ美和中(岩国市)で野球部。岡原君が捕手に、宮本君は投手になった。部活動以外もいつも一緒で、互いの家を行き来する仲。柳井学園進学後もバッテリーを組んだが、昨秋、肩と腰のけがで岡原君が一塁手に転向した。

 この日の試合前、岡原君が「いままでやってきたんだから、そのまま出し切れ」と背中を押してくれた。「いろんな人が声をかけてくれる中、投げられた。楽しかったという気持ちだけです」と宮本君。

 同じチームで野球をするのはきょうが最後。これからはライバルだ。「神宮で戦えるのが楽しみ」と宮本君。今度は、投手と打者として対峙(たいじ)する。(寺島笑花)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ