スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

きょう8強 南北の好チームぞろい

2021年7月23日09時00分

 福岡大会は23日、久留米市野球場と小郡市野球場で準々決勝4試合がある。勝ち上がってきた南北各4校の8強はいずれも好チームぞろい。2年ぶりの夏の甲子園に向けて、どの対戦も目が離せない。

 春の選抜8強の福岡大大濠は筑陽学園と戦う。エース毛利、2年生森本の両左腕を中心に4試合を2失点。野手は無失策と守りも堅い。筑陽学園は5回戦で決勝本塁打を放ち、打率6割を超す向井を中心に打線が強力。エース村田の出来が鍵を握る。

 好投手がそろう春の県大会優勝の九州国際大付は打撃好調の飯塚と対戦。九州国際大付は山本、柳川、内山の主力3投手を、ピンチにたびたび好守を見せる野手陣がもり立てる。飯塚打線は2本塁打の松尾ら主軸を中心に集中打が出て、変化球への対応力も高い。

 春の県大会2位の真颯館にはノーシードの柳川が挑む。真颯館は左腕エースの松本翔が試合を重ねるごとに調子を上げている。1~3番の上位打線も好調だ。2度の延長戦を制した柳川は犠打を多用して好機をつくる。下位からも適時打が出て、攻撃に粘りがある。

 高い攻撃力の西日本短大付は延長戦とサヨナラで勝ち上がった戸畑と戦う。西日本短大付は4番三宅が2本塁打。5番山口雄も調子を上げ、得点力が増している。戸畑は1番藤野の復調で勢いを増す。制球と配球に優れたエース竹下が試合を作れるかが鍵となる。(吉田啓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ