スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月21日の高校野球 愛知

2021年7月22日04時00分

 愛知大会7日目の21日は8球場で3回戦16試合があり、福江が名経大市邨に延長戦の末、劇的な逆転サヨナラ勝ちをおさめた。22日は5球場で4回戦10試合が予定されており、一昨年の優勝校の誉と春の県大会優勝校の愛工大名電が激突する。

     ◇

 福江の4番杉浦陸選手(2年)が、劇的な2打席連続本塁打を放った。

 2点を勝ち越された直後の延長十一回裏1死一、二塁だった。打席からふと味方ベンチを見ると、泣いている仲間の姿が見えた。「でも、打てる自信がありました」。名経大市邨のエース武田玲央投手(3年)の直球を振り抜くと、打球は左翼席へ。起死回生の逆転サヨナラ3ランで、チームを2010年以来の4回戦に導いた。

 1点を追う九回裏にも、2死走者なしから、左翼へ同点ソロ本塁打を放ち、敗色ムードが漂うベンチのムードを一変させた杉浦選手。実は公式戦で本塁打を打ったことがなかった。ダイヤモンドを一周しながら「寒気がした」という。

 とはいえ、周囲が思うような「奇跡」とは思っていない。1年生のときは、打席で緊張して足が震え、思うように打てなかった。その反省を胸に、練習や公式戦で「打てる自信」を培ってきた。

 打撃練習では、左腕の藤井真仁投手(3年)ら先輩たちの「生きた球」をひたすら打った。この日、同じ左腕の武田投手から2発を放ったのも練習のたまものだ。

 杉浦選手は「追い込まれていた中で自分の力を出せた。次の試合はもっと強いチームが相手。守りからリズムをつかんで打ち勝ちたい」と意気込んだ。(嶋田圭一郎)

     ◇

 「1点とられてからが勝負だ。目標は甲子園で1勝。こんなところで終わっている場合じゃない」

 八回裏、1点を先取され、なお2死一、三塁のピンチ。刈谷のエース遠藤泰介投手(3年)はマウンドに集まった仲間から、こんな言葉をかけられた。

 「あれで気持ちが楽になった」。一呼吸を置いたことで、次打者との勝負に意識が向いた。豊川の4番近藤隼斗選手(同)を右飛に仕留め、最少失点で切り抜けた。

 できる限りの「予習」をしてきた。豊川の試合映像などを見て、相手打線を研究した。バットを短く持ち、速球を大振りせずにコンパクトに打つ傾向があったことから、変化球をコーナーに投げ分け、打たせてとる対策を考えた。

 「得意のツーシームはうまく制球できなかったが、他の変化球を使って抑えられた」。四回以外は連打を許さず、6安打はすべて単打と要所を締めた。九回には先頭打者で左前安打を放ち、同点のホームを踏むなど逆転勝利にも貢献した。

 前田英伸監督は「投手戦になったので、試合中盤には最後まで遠藤でいこうと決めた。投げて、打って、走って……。本当に遠藤さまさまだね」とほほえむ。

 遠藤投手は「苦しい試合だったけど、守備に助けられて勝つことができた。甲子園に出るにはあと5回勝たないといけない」と計算したうえで、「さらに総力戦になると思う。最後までチーム一丸で戦っていきたい」と力を込めた。(仲川明里)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039