スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月21日の高校野球 栃木

2021年7月22日04時00分

 全国高校野球選手権栃木大会の準々決勝4試合が21日、県営と清原の両球場であり、4強が決まった。文星芸大付、作新学院、佐野日大、宇都宮短大付が準決勝に進み、三つの公立校はいずれも姿を消した。準決勝2試合は23日、県営球場である。

     ◇

 延長十回1死二塁。スコアボードにはゼロが並んでいた。この場面で白鷗大足利は吉沢隆太郎投手(3年)に代えて、背番号10の中沢匠磨投手(3年)をマウンドに送った。

 今大会、白鷗大足利は吉沢、中沢両投手の継投で勝ち上がってきた。

 この日、代わりばなの初球を右前に運ばれた。満塁策をとったが、連打を浴びて、あっという間に失点した。試合後、「冷静に投げたが結果が付いてこなかった。仲間に申し訳ない」と涙を流し続けた。

 主将としてチームを引っ張ってきた。藤田慎二監督は「チームをまとめたり人前で話したりして成長した。それが投球にも生かされた」。この日の起用について「練習試合ではしんどい場面を何度も救ってきたので、今日も任せた」と説明した。

 右の本格派で直球は140キロを超える。今大会では制球に不安を残しながら、スライダーを織り交ぜて無失点に抑えてきた。

 中3のとき、栃木大会決勝で白鷗大足利が作新学院に敗れた試合を見て、「作新を倒したい」と白鷗大足利に入学した。

 「味方が粘ってきたのでピンチを抑えて次の回につなげたかった。悔いは残るが、主将として周りに助けられてやり通すことができた。きつい練習に耐えてみんなで最後まで戦えてよかった」(中野渉)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ