スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月21日の高校野球 和歌山

2021年7月22日04時00分

 第103回全国高校野球選手権和歌山大会(県高野連、朝日新聞社主催)は21日、3回戦3試合があり、8強が出そろった。初芝橋本は和歌山工に劇的なサヨナラ勝ち。耐久は桐蔭との伝統校対決を制した。市和歌山は好投の2年生投手を打線がもり立てた。

     ◇

 三回裏。3点目を奪われ、2死走者なし。田辺工のエース小出隼海(しゅんかい)君(3年)は、市和歌山の4番と向き合った。初回に適時二塁打を打たれた相手だったが、落ち着いていた。初球、カーブで左飛に打ち取り、相手に流れを渡さなかった。その後も、今春の選抜大会出場校を相手に粘り強い投球を貫いた。

 どんな場面でも動じないようにすることは、今春の県予選準々決勝の智弁和歌山戦で得た教訓だった。強豪相手に五回まで得点を許さなかったが、六回に崩れて3点を奪われ、その後も失点。3―8で敗れた。「大量失点を許さないようにするために、打たれた後、気持ちを切り替えることの大切さを学んだ」

 敗戦直後の5月、その智弁和歌山を長年率いた高嶋仁さんから指導を受ける機会が訪れた。親交がある稲垣友輔監督からの打診を受け、半日だけ見てくれた。「内角を使った方がいいと教えられた。できるだけ内角にボールを入れられるように練習した」

 二つの学んだことを発揮しようと臨んだ市和歌山戦。要所で内角を攻め、内野ゴロの山を築いた。七回裏に4点目を奪われたところで降板したが、連打は初回だけだった。稲垣監督は「自分の力を出してくれた」。観戦していた高嶋さんも、「緩い球を交ぜながら一生懸命投げていた。あれぐらい抑えたら上出来です」と話した。

 小出君は試合後、「思っている以上に強かった。どこに投げても打たれた」と悔しさをにじませたが、大崩れしなかったことや内角を有効に使えていたことには満足していた。「これまで学んだことを生かして、大学ではもっと打たれない投手になりたい」(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039