スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月21日の高校野球 宮崎

2021年7月22日04時00分

 第103回全国高校野球選手権宮崎大会(朝日新聞社、県高野連主催)は21日、3回戦の残り4試合があった。都城西が好投手を擁する宮崎南に競り勝ち、妻は接戦を制した。都城泉ケ丘と都城東はともにシード校を破り、8強が出そろった。準々決勝は23、24の両日にひなたサンマリンスタジアム宮崎である。

     ◇

 宮崎大宮戦では5回で7奪三振。日南戦では12奪三振。負けはしたが、都城西からも15三振を奪った。

 大会屈指の速球派、宮崎南の年見亮汰君(3年)が3回戦で姿を消した。

 二回に直球を狙われ、先制本塁打を許した。「体のキレが悪く、直球も走っていなかった」。捕手の橋口拓海君(3年)と「直球を見せ、スライダーを振らせる」という戦略を立てた。

 横のスライダーでカウントを稼ぎ、勝負球は縦のスライダー。六回の1死一、三塁でも、八回の1死二塁でも、連続三振でしのいだ。同点で迎えた九回には、全力投球で140キロ超の直球も投げた。だが、縦のスライダーを右翼席に運ばれた。

 「そんなに甘い球じゃなかった。相手が上でした」

 試合後、自分に言い聞かせるようにそう言った。

 「同学年の投手、藤本(遙己)と小牧(勇太)と切磋琢磨(せっさたくま)して成長できた。他の仲間も守備や打撃で最後まで支えてくれた」

 大学進学をめざす。小3で始めた野球は今後も続けるつもりだ。

 橋口君は「年見のよさを引き出すにはどうすればいいかを考え続けた3年間でした。年見で打たれるならしょうがない、そう思えるほどの投手と組めて本当によかった」と話した。(佐藤修史)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039