スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月21日の高校野球 島根

2021年7月22日04時00分

 第103回全国高校野球選手権島根大会は21日、出雲市と松江市の2球場で3回戦計4試合があった。安来が今大会初のタイブレークで第1シードの立正大淞南を下し、石見智翠館が開星との投手戦を競り勝った。22日は3回戦4試合がある。

     ◇

 延長十一回裏、1点を追う立正大淞南の攻撃。先頭打者の鋭い当たりは相手二塁手の好守に阻まれ、1死から中野耀君(3年)に打席が回った。「このチームで戦えるのも最後。絶対に勝ちたかった」

 2球目の直球を振り抜くと、右翼への飛球はイメージ通りの本塁打に。本塁ベースを踏み、沸き上がるベンチへ向かってほえた。「うれしかった。このまま逆転だと思った」

 しかし、その後の満塁の好機を生かせず、この大会初のタイブレークとなった十三回に2点を勝ち越された。「苦しかった。中盤の好機で点を取れていたら」と悔やむ。

 3年間は楽しかったが、練習がつらい時もあった。「仲間がいなかったらやっていけなかった。あの本塁打も、メンバー外の3年生の思いもあって入った。淞南の野球を見せられたと思う。3年間やってきて本当によかった」

 太田充監督は「ナイスゲームと言いたい。コロナ禍で今までつないできたものが途切れてしまった中、この子たちが淞南の粘り強く戦う姿を呼び戻してくれた。感謝しています」とたたえた。(榊原織和)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039