スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月21日の高校野球 鳥取

2021年7月22日04時00分 朝日新聞デジタル

 鳥取大会は21日、再出場の米子松蔭と境の2回戦1試合があり、米子松蔭が逆転サヨナラ勝ちした。米子松蔭と八頭、鳥取育英、鳥取商、鳥取西、鳥取東、倉吉総合産、米子東の8強が出そろい、23日から準々決勝に入る。

     ◇

 九回裏、2死満塁。マウンドで境の左腕エース、高塚大輔君(3年)は、自分を落ち着かせるように大きな息をはいた。打席には米子松蔭の4番、小野陽一朗君(同)。自慢のスライダーは三遊間を抜かれ、サヨナラ負けを喫した。

 米子松蔭には、ボーイズ時代から一緒にプレーした山崎泰輝君(同)ら多くの仲間がいた。出場辞退を知ったとき、「楽しみにしていたので信じられなかった」。気持ちを切り替え、次に対戦する八頭との試合準備に取り組んだが、「ずっと米子松蔭のことが忘れられなかった」。

 再び対戦が決まると、もやもやした気持ちが吹っ飛んだ。「『米子松蔭が(大会に)出ていれば……』と、後で周りから言われるのが嫌だった。ちゃんと倒して、甲子園へ行きたいと思っていた」

 この日は直球やスライダーのほか、中盤でチェンジアップも多用。米子松蔭打線を八回まで5安打に抑えた。終盤はひじの痛みに耐えながらの投球となったが、高塚君は「最後に負けてしまったけど、本当に楽しかった」と晴れやかな表情を見せた。

 捕手の加治佐光君(2年)は「今日も気持ちが入った最高の投球だった。プレーでチームを引っ張る先輩で、もっと一緒に野球をしたかった」。足立泰則監督は「継投のタイミングを失ってしまった。シード校相手にしっかり戦えたが、勝たせてやりたかった。指導者の力不足です」と悔しさをにじませた。(大久保直樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ