スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月21日の高校野球 大分

2021年7月22日04時00分

 大分大会は21日、別大興産スタジアムで準々決勝2試合があり、4強が出そろった。大分東明は九回裏に3点差をひっくり返し、高田にサヨナラ勝ち。大分舞鶴は持ち前の打撃力で、臼杵にコールド勝ちした。23日の準決勝で、大分東明と大分舞鶴、明豊と藤蔭が対戦する。

     ◇

 1点を追う六回、適時打や押し出しによる2得点で逆転し、なお無死満塁。高田の葦苅麗捕手(3年)が打席に立った。「4番として、なんとしても追加点をあげなければ」

 捕手の目で、前の打者への配球もしっかり見ていた。直球で押してきている。「甘く入ったまっすぐを打とう」。予想通り直球がきたが、甘いコースではなかった。1ボール2ストライクと追い込まれた。

 「変化球がくるかもしれない」。狙っていた変化球がきた。打球は左中間に飛び、走者一掃の三塁打となった。

 ここまでの3試合で、11打数7安打。ノーシード・高田の快進撃を支える1人だ。18日には、優勝候補の一角だった津久見にも競り勝った。

 田中博行監督は「捕手としても、とても信頼している」と高く評価する。

 今大会では何度も二盗を阻止し、この日も一、四回に二盗を阻んだ。「実は強肩ではないんです」。捕球してからの動きを速くする練習を重ねたのだという。

 試合は劇的な幕切れとなった。九回裏、同点にされた直後、中本龍翔(りゅうと)投手(2年)のもとへ走った。直球が狙われていることは分かっていたが、球は走っていた。「直球勝負だ」。迷わず言った。だが、その直球が打たれた。

 部員の大半は、中学から同じ野球部だ。「6年近く仲間と一緒に楽しく野球ができて本当に幸せです。最後の直球に全く悔いはありません」。目を潤ませながら、静かに語った。(倉富竜太)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ