スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月21日の高校野球 愛媛

2021年7月22日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権愛媛大会は21日、3回戦4試合があり、第1シードの聖カタリナ、西条、丹原、川之江が準々決勝に駒を進めた。第2シードの小松は延長十三回、逆転サヨナラで敗れた。22日は3回戦の残り4試合があり、ベスト8が出そろう。

     ◇

 「天真爛漫(らんまん)」

 松山聖陵のエース、下江後(しもえご)大地投手(3年)の帽子のつばに記された言葉だ。選抜出場校の聖カタリナ相手に好投し、厳しい局面でも下を向かなかった。

 大阪・岸和田出身。だんじりの街から来ただけあって「負けん気は強い」。メンタルの強さを買われ、豊富な投手陣の中でエースナンバーを託された。

 昨夏の独自大会を制した先輩たちの姿を、スタンドから見ていた。うれしそうなのに、どことなく寂しそうだった。「やっぱり甲子園に行きたかったと思う。あの優勝をもう一回やろうと思った」

 今大会3戦目のこの日、2回目の先発を任された。直球は最速120キロ台と決して速くはないが、強打の聖カタリナ打線を相手に変化球で緩急をつけ、四回まで無安打。四死球もなく、出塁すら許さなかった。

 打っては五回表に先制の右犠飛。「俺がキーマンになるんや」と思った。

 しかし、直後の五回裏。心強い相棒の高田真之介捕手(2年)が死球を受けてベンチに退いたことが影響したか。制球が乱れた。先頭を四球で出すと、2死から二塁打や暴投で逆転を許した。それでも「負けたらあかん」と念じ、7人目の打者を左飛に打ち取った。

 5回被安打2。次の回からマウンドに上がった木村迅(はやと)投手(3年)も3回を1安打無失点。打線は相手を上回る安打を放ち、昨夏の王者の意地を見せた。

 試合に敗れても、「負けたという気持ちはない。練習の成果は出ていたし、チームの団結もすごかった」とエース。「まだもう一回、試合がしたい」。火のついた負けん気が、まだくすぶっていた。(照井琢見)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ