スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月21日の高校野球 高知

2021年7月22日04時00分

 第103回全国高校野球選手権高知大会(朝日新聞社、高知県高校野球連盟主催)は21日、高知市の県立春野球場と市営球場で2回戦計4試合があった。この日からシード校が登場し、明徳義塾と高知商が勝ち上がった。22日は両球場で2回戦計4試合が予定されている。

     ◇

 変化球がさえた。立ち上がり、小津のエース右腕の北村謙二君(2年)は、先頭打者から連続三振を奪った。得意のスライダーが切れ、打者のバットが空を切る。カットボールも織り交ぜ狙いを定めさせない。

 「打たれる気がしない。投げていて楽しかった」

 5歳上の兄を追うように野球を始め、小学校から投手。制球の良さは評判だった。この日も強力打線でならす高知東工を翻弄(ほんろう)し、4番打者も「ストレートにも力があって打てなかった」と舌を巻いた。

 しかし、味方が1点先取した直後の七回裏、悪癖が顔を出す。投球時に足の着地がつま先側になり、体の軸がぶれてリリースポイントが定まらない。

 先頭を四球で歩かせると、甘く入った直球を右前へ運ばれ、同点に。その後、犠飛で勝ち越された。「調子が悪かったわけじゃないが、相手が一枚上手だった」

 2年生で挑んだ夏は終わったが、手応えは感じた。食事量を増やし、冬には筋力トレーニングで力を付けた。その成果もあり、この日の最高気温31度の暑さでもスタミナが切れることなく108球で完投できた。「新チームでは、もっと強いチームを作りたい」(羽賀和紀)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039