スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月21日の高校野球 滋賀

2021年7月22日04時00分

 滋賀大会は第10日の21日、大津市の皇子山球場とオセアンBCスタジアム彦根で3回戦4試合があった。シード校の綾羽と立命館守山は、いずれもコールドゲームで快勝。草津は2―1で草津東を破り、2試合続けて1点差で勝利した。伊香は打撃戦を制し、14―7で膳所を破った。伊香の成田丈一選手(3年)は4安打1犠打の活躍。22日も両球場で3回戦4試合があり、8強が出そろう。

     ◇

 立命館守山は、先発全員安打で快勝した。

 序盤から甘い球を確実に捉え、強い打球を外野に飛ばした。初回に5長短打を集め、いきなり6点を先制。その後も攻撃の手を緩めず、上位常連校の近江兄弟社を寄せ付けなかった。

 選手たちには、燃えている理由がある。

 副主将で正二塁手の花田泰希(たいき)君(3年)が、大会前の練習で自らの打球をひざに受けて負傷した。下級生の時から主軸を担った逸材。今大会はベンチ入りしているが、まだ出場できていない。

 花田君が戦列に復帰するまで絶対に負けられないと、心を一つにしている。

 主力のけがで、5番打者に抜擢(ばってき)されている杉森宏大(こうだい)君(2年)は、春はベンチ外だった。持ち味の積極的な打撃を発揮し、2試合連続で複数安打を記録するなど好調だ。

 「花田さんは本当にうまくて尊敬している選手。なんとか補いたいと思ってプレーしている」と話す。

 二塁手は、本職は三塁手の吉田天龍(てんりゅう)主将(3年)が務めている。

 「自分もまた花田とプレーしたい。次の試合も、入りがうまくいくように一球一球集中したい」と力強かった。(安藤仙一朗)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039