スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月21日の高校野球 岡山

2021年7月22日04時00分

 岡山大会第12日の21日、準々決勝2試合がマスカットスタジアムであり、4強が出そろった。昨秋、今春の県大会で優勝した創志学園は玉島商との投手戦を制した。2年連続の頂点を目指す倉敷商は土壇場で試合をひっくり返し、関西を破った。22日は試合がなく、準決勝2試合は23日にある。

     ◇

 役目はわかっていた。

 倉敷商相手に1点を追う六回。関西の先頭打者、森安洸成(たける)君(3年)は必死で球を見極めた。四球をもぎ取り、その後に同点のホームを踏む。関西はさらに八回、1点を勝ち越した。

 一つ上の兄・亮太さん(19)を追い、鏡野中から関西へ。小学校低学年で一緒に野球を始め、高校は寮の2人部屋だった。長打力に秀で、4番を任された兄の背中は大きく見えた。

 ところが昨夏の独自大会で、関西は3回戦で敗退。兄を含む強打者が力を出し切れなかった試合を、外野席から信じられない思いで見ていた。「これから責任持って引っ張っていけよ」。試合後、兄からかけられた言葉を胸に1年を過ごした。

 自分はスラッガーではない。出塁し、攻撃の足がかりになるのが役目だと心得た。打席ではラインぎりぎりに立ち、投手にプレッシャーをかける。選球眼を磨き、四死球はチームでも屈指の多さだ。単打や小技を駆使するチームに、出塁率の高さで貢献してきた。

 4強が見えた九回表、逆転を許した。その裏もすでに2死。走者はいない。とにかく塁へ出よう、つなごうと打席に入ったが、内野ゴロに倒れた。一塁へ頭から滑り込んだが、ゲームセットが告げられた。

 7年ぶりの優勝を目指した夏。8強では満足できないが、「お兄ちゃんたちを超えられたのかな。来年はもっと上にいってほしい」。後輩たちに兄弟の夢を託した。(中村建太)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ
  • ノーカット動画
  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • グッズ販売
  • 投票 甲子園ベストゲームファイナル
  • 高校野球DVD販売サイト

関連リンク

  • 許諾番号:9016200058Y45039