スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

米子松蔭主将のツイート、相手も拡散「いい試合できた」

2021年7月21日18時34分

 (21日、高校野球鳥取大会 米子松蔭3-2境)

 試合後、両チームの監督と主将が会見を開いた。

 米子松蔭は、塩塚尚人監督と西村虎之助(こうのすけ)主将が出席。2人は緊張した面持ちで席に着き、出場辞退が取り消されての試合で勝利したことに対し、塩塚監督は「選手が力を出し切っての勝利だが、日本中のみなさんが応援してくれ、境のみなさんが受け入れてくれて試合ができたことに感謝したい」と話した。西村主将は「出場辞退は悔しいことだったが、日本全国の応援や支援のおかげで、感謝しかない」とした。出場辞退後、SNSで「試合がしたい」と訴えたことについて「僕の思いをツイートした。大きな反響があるとは予想もしていなかったが、周りの方々が応援してくれてシンプルにうれしい」。この日は九回までリードされる展開だったが、「今回のことで、あきらめない気持ちが大切だと思った。その気持ちが『何とかしてやるぞ』という雰囲気になり、逆転勝ちにつながった。境と正々堂々とプレーできたので、日本一を目標に甲子園出場して応援してくださった方々に恩返ししたい」と話した。

 一方、境は足立泰則監督と井上翔太主将が会見に参加。足立監督は「第1シードと戦っていい試合ができ、チームの自信になるが、負けると悔しいというのが本音です」。井上主将は、西村主将のツイートを拡散したことを明かし、「自分たちが同じ立場になったら悲しい。松蔭のためにできることはないかと選手間で話し合った」。試合は逆転負けとなったが、試合後には西村主将らに「甲子園に行ってくれ」と声をかけたといい、「自分たちはやりきった」と前を向いた。(長崎緑子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ