スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

甲子園、入場を生徒・保護者らに限定 選手にPCR検査

2021年7月21日17時32分 朝日新聞デジタル

 朝日新聞社と日本高校野球連盟は21日、主催する第103回全国高校野球選手権大会(8月9日開幕、阪神甲子園球場)について、新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、スタンドへの入場は、生徒や保護者ら学校関係者に限って大会を開催すると発表した。一般客への入場券販売は行わない。

 昨年はコロナ禍で中止となっており2年ぶりの大会開催となる。組み合わせ抽選会は8月3日にオンラインで実施する。

 この日開いた臨時運営委員会で、新型コロナ感染防止対策ガイドラインをまとめ、その後、会見を開いた。

 学校関係者は一、三塁側の内野席に、それぞれ約2千人をめどに入れる予定。各校の責任者に、人数、氏名を記入した入場者確認表の提出を求める。大声を発する応援は行わず、拍手を基本とし、座席位置を確認できるよう、最低14日間の入場券の保管を促す。

 選手、監督ら代表校の関係者(1チームあたり27人)には大会前、初戦勝利後、準々決勝勝利後の最大3回、PCR検査を実施する。審判委員、本部委員ら大会関係者にも2回、実施する。

 試合中、ベンチにいる監督や控え選手らには熱中症対策を十分に講じた上でのマスク着用を求める。大声での校歌斉唱や球場の土を持ち帰ることも控えるとした。

 代表校から感染者などが出た場合は、主催者が設置する緊急対策本部で対応を決める。

 集団感染が疑われるかどうかを重視し、集団感染ではないと判断した場合は代表校の大会参加を差し止めない。集団感染と判断してチームが出場できなくなった場合は代表校の差し替えはしない。

 これまで代表校の選手らが集まって実施してきた組み合わせ抽選会は8月3日午後4時からオンラインで開く。前日2日の東西東京大会で全49代表校が出そろう予定。

 代表校の甲子園入りを遅らせ、宿舎での合宿期間を短くするため、甲子園練習の中止がすでに決まっている。

 ガイドラインは今後の感染状況や行政からの指針などによって内容を変更することがある。

 地方大会ではこれまでに沖縄尚学、敦賀気比(福井)、専大松戸(千葉)が甲子園出場を決めた。全国大会は8月9日から17日間(休養日3日を含む)の日程。

新着ニュース

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ