スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月20日の高校野球 群馬

2021年7月21日04時00分

 群馬大会は大会第10日の20日、3回戦4試合があり8強が出そろった。健大高崎は高村、伊藤の本塁打などで常磐を圧倒しコールド勝ち。前橋育英は先発外丸が力投し、皆川の本塁打などで桐生第一を下した。利根商は終盤の集中打でシードの高崎商に逆転勝ち。樹徳は富岡との投手戦を制した。21日は試合がなく、22日は上毛新聞敷島球場で準々決勝2試合がある。

     ◇

 桐生第一は一回、先頭の大川昇馬(2年)が中前安打で出塁。二盗後、三塚琉生(2年)が右前安打を放った。主将で三塁ベースコーチの高橋塁(3年)はためらうことなく腕を回した。「足の速い大川なら行けると確信した」。大川が生還。打者2人で1点を先制した。

 この試合、高橋は走者がいなくても打者に対して必死で声を出し続けた。

 昨秋の県大会はメンバー入りしたが、今春の県大会直前に練習試合で右足首をけがした。春は記録員としてベンチ入り。「チームのために出来ることは何か」。春の県大会後、学生の立場で選手に指導を行う「学生コーチ」に就くことを決め、選手として甲子園を目指すことを断念した。

 春の時点で主将を務めていたのはエースの神宮僚介(3年)だが、投手としての負担だけでも大きかった。今泉壮介監督もそのことを感じ、夏の大会直前に高橋を主将に指名。客観的にチームを見られる姿勢を評価してのことだった。

 神宮は「高橋が下級生に厳しい意見を言ってくれるようになり、雰囲気が変わった」と話す。投手に専念した神宮は今大会、1、2回戦で先発し好投。前橋育英戦でも七回から登板し、2回を無失点に抑えた。今泉監督は「3年生の頑張りがあってここまで来られた」とねぎらった。

 前橋育英の校歌が流れる中、高橋は人目をはばからず号泣。隣で神宮が励ます姿があった。「ベンチ入り出来ない3年生のためにも、甲子園に行きたかった」。熱い思いを抱いて試合に臨むのは、プレーする選手だけではない。(中村瞬)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ