スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月20日の高校野球 新潟

2021年7月21日04時00分

 第103回全国高校野球選手権新潟大会は20日、4回戦8試合があり、8強が出そろった。昨秋の県大会を制した第4シード加茂暁星は北越に3―4で惜敗。新津工は3連続サヨナラ勝ちで公立勢で唯一勝ち上がった。準々決勝は22、23日にハードオフ・エコスタジアム新潟(新潟市中央区)で予定されている。

     ◇

 九回表2死一、三塁、4点を追う加茂暁星の椿大雅主将(3年)は、次打者席で小さく2度うなずいた。直前2打席はともに三振。「やってきたことを信じる」と言い聞かせた。4球目、内角高めの直球を詰まりながらも右翼に運び2点三塁打。さらに次打者の左前安打で生還、土壇場で1点差に迫った。「普段ならセカンドフライになっていた。振り切ったことでつなぐことができた」

 最後の粘りは味方が演出したものだ。八回裏、エース浜谷直生(同)が走者を背負いながらも空振り三振で相手の攻撃を断ちきった。その流れで、九回表、死球や安打で、得点圏に走者を置いた場面で椿に打順がまわった。「チーム力で見せようぜ」。ベンチからの声も後押しした。

 1年からベンチ入りしたが、昨夏は中越に1点差、その前は新潟明訓に2点差で惜敗。新チーム発足時の個々の実力は先輩たちより劣っていた。そこで重視したのが「チーム力」。練習前のウォーミングアップの動きまで全員そろうことにこだわった。練習を休みがちな控え部員には「全員で戦おう」と声を掛け、「1人でもできていないと、ダメなんだ」とミーティングで繰り返した。

 昨秋は土壇場で爆発的な集中力を発揮、九回裏から2点差をひっくり返し県大会を制した。だが、この日はあと一歩届かなかった。

 「全員のチーム力で最後の執念を見せられた。でも、やっぱり、このメンバーで甲子園にいきたかった」。試合後、絞り出すように言葉を紡いだ。(小川聡仁)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ