スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月20日の高校野球 福岡

2021年7月21日04時00分

 福岡大会は20日、5回戦の残り4試合があり、8強が出そろった。九州国際大付は3投手の継投で沖学園を振り切り、西日本短大付は猛打で折尾愛真を圧倒。飯塚はエース白浜の投打の活躍で福岡工大城東を抑え、戸畑は祐誠との接戦をサヨナラで制した。準々決勝4試合は、2日間の休養日をはさんで23日にある。

     ◇

 六回表1死一、二塁、福岡工大城東の捕手、西真叶(まなと)君(3年)はマウンドに駆け寄り、投手の大塚海君(3年)に声をかけた。「どんな球でも自分が止めるから、腕振って自信もって」。次の打者には前の打席で本塁打を打たれていた。

 追い込んでからの5球目の変化球がワンバウンドになると、西君が体で止めた。次は右打者の外に逃げる変化球を要求し、空振り三振に。3安打されながら最少失点で切り抜けた。

 継投した内田海翔君(2年)にも八回表のピンチで声をかけた。「ワンバンになってもいいから、腕振って」。内田君の腕が縮こまっているのを見て、「開き直った方が良く投げられる」と考えた。三振で三つ目のアウトを取り、この回を無失点で切り抜けた。

 チーム唯一の得点となった適時打にも「捕手としての読みを生かせた」と西君。「大学でも野球を続けたい」と前を向いた。(古畑航希)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ