スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月20日の高校野球 佐賀

2021年7月21日04時00分 朝日新聞デジタル

 佐賀大会(朝日新聞社・県高野連主催)は20日、準々決勝2試合があり、第1シードの東明館が白石に勝ち、佐賀商は神埼清明に勝って、それぞれ4強進出を決めた。21日はさがみどりの森球場で準々決勝の残り2試合がある。

     ◇

 六回表、再びマウンドに登った白石のエース平直也(3年)の投球は、躍動感にあふれていた。腕の振りが大きく、手に付けた滑り止めの粉が勢いよく舞う。先頭打者を2球で投ゴロに打ちとり、四球を挟んでも、後続を邪飛と内野ゴロに抑えた。ベンチに戻ると「ナイスピッチング」と笑顔で迎えられた。

 この日、先発で臨んだマウンドでは制球に苦しんだ。初回に2連続四死球を与え、暴投で先制を許す。「ボールが指にかからなかった」と話し、「甲子園に行きたい気持ちが先走ってしまった」と振り返る。

 仲間から「ひとつずつ取ろう。お前のボールを投げとけば打たれん」と励まされたが、二回にも4四死球を与え4失点。交代を告げられた。

 2年生にマウンドを託して守備についた一塁で、冬場の練習を思い出していた。夏に向けて下半身を鍛えようと、部長が提案したメニューから200メートルダッシュ8本など、よりきついものを選び、投手陣の中で常に1番を目指してとにかく走った。持久力や体力に自信を深められた。

 「抑えて味方の反撃を待つ」と強い気持ちで臨んだ再登板後は、八回までの3回を被安打0、無失点に抑えてみせた。

 だが九回、相手打線に連打を浴び4失点。点差を詰め切れぬまま敗れた。

 試合後、「悔しい」と涙とおえつが止まらなかった。徐々に落ち着きを取り戻すと、「全力投球できた」と言って、後輩たちへの言葉を残した。「もっと上を目指してほしい。そのために、とにかく走れ。きつい時こその大きな一歩だ」=敬称略(大村久)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ