スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月20日の高校野球 熊本

2021年7月21日04時00分 朝日新聞デジタル

 大会は20日、3回戦残りの4試合があり、8強が出そろった。3試合がロースコアの好勝負。連合チームとしては熊本県内初の16強入りを果たした甲佐・御船・矢部・高森はシード校に屈し、8強入りを逃した。21日の休養日を挟んで準々決勝が22日から始まる。

     ◇

 一塁側のベンチ前。イニングごとに、甲佐・御船・矢部・高森4校の選手が集まる。主将・高田翔吾(3年)のかけ声で選手は一斉に声を上げ、それぞれの位置についた。

 連合チームが3回戦まで勝ち残るのは、熊本県内では初めて。8強入りをかけた戦いの相手は、シード校の八代工だった。

 一回裏。先頭打者の武内優登(3年)は「なにがなんでも、塁に出てやるんだ」と自分に言い聞かせながら打席に立った。武内は先発投手だが、初回に暴投や死球などで3失点。自分のミスをカバーするためにも、確実に出塁したかった。5球目の直球をとらえ左安打を放ち、無死一塁の好機に。堅島康平(3年)の安打などで、連合チームは1点を挙げた。

 武内が「どんな球でも確実に安打にする」と振り返るほど、相手打線は強力だった。この日もリリーフを含め3投手が13安打を浴び、暴投もあって連合チームは敗れた。

 チームは、今春から高森を加えて活動を始めた。櫛山(くしやま)泰広監督は「すぐ打ち解けた」と話す。高田と武内も、普段からLINEで連絡を取り合い、お互いの学校の出来事などを話す仲だ。仲間でありながらポジション争いも生まれ、選手の士気は高まりチームは力を付けた。新型コロナの影響で約3カ月合同練習ができない時期もあり、その間不調に陥った選手もいたが、自宅で個人練習に励むなどして調子を整えた。

 今夏のチームの目標は、「夏の大会一勝」。目標を大きく上回った夏だった。武内は「目標は達成したけれど、やっぱり勝ちたかった」と悔いを残した。高田は「違うチームと力を合わせるのは、心強かった。もっと良いチームを作ってほしい」と言葉を残した。(伊藤秀樹、大木理恵子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ