スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月20日の高校野球 大分

2021年7月21日04時00分 朝日新聞デジタル

 大分大会は20日、準々決勝2試合があり、第1シードの明豊と第2シードの藤蔭が4強入りを果たした。明豊は、投打で第3シードの柳ケ浦を圧倒し、危なげなく勝ち進んだ。藤蔭は、第3シードの大分商と大接戦となり、延長十一回でサヨナラ勝ちした。21日にも準々決勝2試合があり、ベスト4が出そろう。

     ◇

 十一回裏無死一、三塁、藤蔭の5番打者の鋭い打球が三遊間を襲った。大分商の三塁手、三代祥貴(よしき)選手(3年)が懸命に飛びついたがわずかに届かず外野に抜け、サヨナラの走者が本塁を駆け抜けた。

 三代選手はグラウンドに突っ伏した後、ゆっくり立ち上がり、顔を覆い整列に向かった。「ふだんなら捕れたが、延長戦の疲れで足が思ったより動かなくて。これで本当に終わったのか、という気持ちでした」

 大会屈指の強打者で、主将としてもチームをまとめてきた。「言葉は得意じゃないから姿で引っ張る」と決め、練習でも試合でも、「絶対届かないゴロ」にがむしゃらに飛びついてきた。十一回裏は無死二塁の場面で三遊間を抜けそうな当たりに飛びつき、一度は流れを食い止めた。

 兄2人も大分商の中心選手で、2人とも最後の夏は大分大会決勝で敗れた。藤蔭は、兄崇貴(たかき)さんが2019年に決勝で負けた相手だ。

 前の2試合では思うような打撃ができなかった。「絶対負けたくない」。そう思うと体が硬くなった。一回1死二、三塁で迎えた第1打席は甘い初球を見逃して、内野ゴロ。

 だが、「意識せず、リラックスしてやれ」という崇貴さんの助言を思い出せた2打席目は中前安打。4打席目にはこの夏初の長打も出て、塁上で左腕を突きあげた。

 昨夏は甲子園での交流試合にも出場。「結果が出せず悔しい思いで帰ってきた。甲子園で今度は打ち、先輩たちに活躍している姿を見せたかった」。様々な思いがこみ上げた、高校最後の夏の終わり。

 「プロになって野球を続けたい」。悔しさを晴らす次の舞台に思いを巡らせた。(寿柳聡)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ