スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月20日の高校野球 宮崎

2021年7月21日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権宮崎大会(朝日新聞社、県高野連主催)は20日、ひなたサンマリンスタジアム宮崎とアイビースタジアムで3回戦4試合があった。選抜出場の宮崎商は小林秀峰の粘りに苦しんだが、延長十二回にサヨナラ勝ち。昨夏の独自大会を制した宮崎日大は2年前の夏の覇者・富島を接戦で破るなど4校が8強に名乗りを上げた。21日は3回戦の残り4試合があり、8強が出そろう。

     ◇

 直球にもスライダーにも食らいつく。出塁すれば果敢に次の塁を狙う。大飛球を背走してフェンス際で好捕する。小林秀峰は、選抜に出場した第1シード宮崎商を最後まで苦しめた。

 五回に同点に追いつかれ、何度もピンチを迎えた。そのたびに主将の山口凌雅君(3年)は右翼からナインの動きを見ながら、「練習通りにやればきっと勝てる」と念じていた。

 6月以降、走り込みと守備練習を徹底してきた。チーム全員、体力では負けない自信があった。引き分け再試合となった都城農戦の疲れもなかったという。

 三塁手の本田楼晏君(3年)はファウルボールをフェンス間際でつかみ取った。中堅の久徳啓太君(2年)は好返球で一度は宮崎商のサヨナラを阻んだ。

 延長十二回に力尽きた。山口君は試合後、「みんな粘り強く、最後までがんばってくれた。でも勝ちたかった」と唇をかんだ。

 岩切隆公監督は「選手たちに100点をあげたい」。宮崎商の橋口光朗監督も「すごい粘りだった。見習いたい」とたたえた。うなだれる選手たちに、コーチ陣から檄(げき)が飛んだ。「選抜出場チームにここまで戦えたんだ。下を向くな!」(佐藤修史)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ