スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月19日の高校野球 山梨

2021年7月20日04時00分 朝日新聞デジタル

 大会10日目で4強がでそろった。日本航空と東海大甲府が、富士学苑と山梨学院に続き、準決勝へ駒を進めた。準決勝は21日。昨夏、夢が絶たれた先輩たちの悔し涙を思い出し、頂点をめざす。甲子園まであと2勝。

     ◇

 「とにかく後ろにつなごう」。三回裏2死二塁の好機、こう考えて打席に立った。東海大甲府のエース若山恵斗投手の内角低めの変化球をとらえると、打球は右翼へ伸びて2点本塁打。同点に追いついた。

 東海大甲府とは学校が近く、度々練習試合をしてきた。互いの手の内を知り尽くした相手だ。制球力が高く、今春の選抜大会でも投げた若山投手について「いいピッチャーなのはよく分かっていた」。

 大会前、練習試合でなかなか打てなくなった時期があった。組み合わせが決まると、東海大甲府と同じブロックに。「これじゃあ勝てない」と仲間とともに若山投手を意識して、自主練習でひたすらバットを振った。

 2点本塁打を含め、チームで8安打を奪った。それでも若山投手は要所を締め、加点を許さなかった。

 初の甲子園出場の夢が破れ、相手校の校歌が流れると、涙が止まらなかった。「やることはやった結果だけどやっぱり悔しい。みんなでまだ一緒に野球をやりたかった」(玉木祥子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ