スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月19日の高校野球 鳥取

2021年7月20日04時00分 朝日新聞デジタル

 鳥取大会は19日、2回戦2試合があり、鳥取育英と鳥取東が8強に残った。残る1校は、出場辞退が取り消され、大会に復帰する米子松蔭と境の勝者。21日に対戦し、準々決勝に臨む8強がそろう。

     ◇

 三回裏、唯一の3年生としてチームを引っ張ってきた米子西主将の石田翔琉君(3年)が打席に入った。この回、鬼村拓弥君(2年)らの適時打で勝ち越し、なおも2死二塁。「後輩が作ってくれたチャンスだ。絶対に生かすっ」。狙った直球を振り抜くと、打球は中堅手の頭を越え、適時二塁打で1点を追加。塁上で満面の笑みを見せた。

 1年生の夏ごろから、同じ学年は自分だけ。昨春1年生が16人入部したが、夏大会後に3年生が引退すると、唯一の上級生になった。新チーム結成当初は気負いすぎた部分もあったが、下級生と積極的にコミュニケーションを図り、野球だけでなく、私生活も含めて気軽に話し合える雰囲気を作った。

 坂口健一監督は、「本人にしかわからない苦労があったと思う。確実にチームを成長させてくれた」とねぎらった。「先輩や後輩に恵まれた。1人ではここまで来ることができなかった。感謝の気持ちでいっぱい」。石田君は悔しさをにじませながらも、晴れやかな笑顔で球場を後にした。(大久保直樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ