スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月19日の高校野球 大分

2021年7月20日04時00分 朝日新聞デジタル

 大分大会は19日、3回戦3試合があり、ベスト8が出そろった。大分東明は大接戦の末、第3シードの佐伯鶴城を下した。第2シードの大分舞鶴は別府鶴見丘にコールド勝ち。臼杵は延長戦で日本文理大付を破った。

     ◇

 「自分のせいで点を取られた。なんとしても出塁したい」。2点を追う九回表2死二塁、佐伯鶴城のエース・石本紘二郎投手(3年)は打席に立った。狙っていた直球に素直にバットを出すと、打球は右翼に飛んだ。二塁走者が生還し、1点差に迫った。

 一塁ベース上で、笑顔をみせ、控えめにガッツポーズをした。「普段はしないんですが、うれしくて思わずしてしまった。次打席の主将がなんとかしてくれる」。願いはかなわず、8強入りが消えた。

 「石本は絶対的エース。彼が投げていたら安心してみていられる。次の試合もあり、きょうは先発させなかった」。山本敏博監督は振り返った。2番手の投手が大分東明打線につかまり、同点の六回裏から登板した。

 雨中の戦いで、球がぬれて思うような投球ができない。普段は低めにコントロールしたスライダーで三振をとるが、「滑って大きくそれたり、高めにいったりするのが怖かった」。塩月理久捕手(3年)と話し、直球で強気に押した。

 それが裏目に出る。大分東明の川見流空(りく)主将(3年)は「変化球がくると思っていたが、結構直球がきてびっくりした。うちには結果的によかった」。六、八回に1点ずつを入れられ、試合が決まった。

 「相手と同じ状況だけど、できれば晴れた日にやりたかった」。結果は悔いの残るマウンドだったが、「2年半、先輩や仲間たちと一緒に野球ができて本当に楽しかった」。絶対的エースは笑顔を見せた。(倉富竜太)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ