スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月19日の高校野球 岡山

2021年7月20日04時00分 朝日新聞デジタル

 岡山大会第10日の19日、3回戦4試合があり、8強が出そろった。関西は玉野商工の追い上げを振り切り、2017年以来の8強。岡山理大付を破った創志学園のほか、倉敷商、玉島商も勝ち進んだ。20日はマスカットスタジアムで準々決勝2試合が予定されている。

     ◇

 1点が届かず、3回戦で姿を消した玉野商工。「ナイスピッチング!」。整列後に戻ったベンチで、長谷川康生(こうき)君(3年)はチームメートから一斉にたたえられた。笑顔を作ろうとしたが、もう無理だった。涙を流してうつむいた。

 2年前の夏は無安打無得点試合を達成。以来、県内の球児らから特別な目で見られてきた。「歴史をつくろう」と同校に誘った角田篤敏監督は主将にも指名。長谷川君が引っ張ることで、チーム全体が成長したという。

 「3点以内に抑えれば、仲間たちが打ってくれる」とマウンドに上がったこの日。左腕から繰り出す前評判通りの速球とキレのある変化球で、関西に相対した。被安打9、自責点は2。角田監督は「疲れはあったが踏ん張った。成長がみられた」とねぎらった。

 試合を終え、夕暮れのマスカットスタジアムの外に出ると、小学生のときにチームメートだった関西・松川玲央主将(3年)が待っていた。しばらく肩を抱き合い、松川君は言った。「お前の気持ちも一緒に甲子園に連れて行くよ」(雨宮徹、小沢邦男)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ