スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月19日の高校野球 埼玉

2021年7月20日04時00分

 第103回全国高校野球選手権埼玉大会は19日、4回戦16試合があり、16強が出そろった。春の県大会4強の浦和学院、花咲徳栄、昌平、上尾がそろって勝利。私学を破った熊谷商、滑川総合などの公立勢も勝ち上がった。Cシードの埼玉栄と浦和実、Dシードの細田学園、叡明、大宮東、早大本庄は姿を消した。20日と21日は試合がなく、22日に8強をかけて5回戦8試合が行われる予定だ。

     ◇

 力の差はもちろんある。でも、中止になった102回大会を挟み6大会連続の甲子園を狙う花咲徳栄に、本気で勝ちにいった。

 西武台の3番・才田翔也選手(3年)は敗れてからしばらく、グラウンドにひざをついたままだった。「俺たちなら勝てる」。最後まで信じていたからこそ、涙が止まらなかった。

 相手は追われる立場の「王者」。「向こうがプレッシャーで100%の力を出せない中、自分たちは100%の力を出す」。そこに勝機を見いだして挑んだ。気持ちは極限まで高まっていた。

 一昨年の秋季県大会決勝の相手も花咲徳栄だった。3―8で敗れた試合を当時はベンチから見ていたが、「今日は勝てるぞ」という直感通り、この日は4打数3安打。打ったのは全て直球。勝負球を恐れずに強振する姿勢は、相手エースに「怖いバッターだった」と言わしめた。

 勝負を分けたのは六回表無死一、二塁。右前安打で出た才田選手は、塁上で祈るような気持ちでいた。「お願いだから打ってくれ」。後続は三者連続三振に倒れた。

 それでも九回、二死まで追い込まれても1点を返した。「執念が、ボディーブローのようにじわじわきいたのでしょう」と河野創太監督。才田選手は「僅差(きんさ)だからこそ悔しい……。でも、自分は打席で100%の力を出せた」。涙をぬぐい、最後は胸を張った。

=県営大宮(黒田早織)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ