スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月19日の高校野球 兵庫

2021年7月20日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権兵庫大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の第13日が19日あり、4球場で4回戦8試合が行われた。一昨年春夏の甲子園4強の明石商が、今春の県大会3位の神戸弘陵に6―2で勝った。今春の選抜に出場した神戸国際大付は7―0の7回コールドで武庫荘総合に勝利。第1シード校の三田松聖は6―7で兵庫工に敗れた。

 5回戦の前半の組み合わせ抽選があり、兵庫工―姫路南、明石商―神戸国際大付、東洋大姫路―舞子、関西学院―須磨学園が22日に対戦することが決まった。

 20日は試合がなく、21日に4球場で4回戦8試合が予定されている。

     ◇

 「絶対に0点に抑えてやる」。最速149キロを誇る武庫荘総合のエース斉藤汰直(たいち)君(3年)。ここまで2試合連続コールド勝ちの私学の雄に対し、真っ向勝負を挑んだ。

 初回は打者3人を、見逃し三振、一邪飛、セカンドゴロに打ち取った。すべて最後は自慢の直球。ベンチから「ナイスピッチャー」と勢いよく声が飛んだ。

 プロ注目の速球派右腕は、打倒私学にこだわる。

 軟式野球部のエースだった中学時代にさかのぼる。阪神地区の選抜チーム入りしたが、周りは自分より速くて伸びのある直球を投げる投手、制球力のある投手ばかり。自分も投手で勝負したかったのに、任されたのは三塁手だった。悔しかった。

 選抜チームのライバルたちは、県内外の強豪私学へ。「負けたくない、俺は公立でやってやる」。自宅から近い、甲子園経験のない公立校に進んだ。

 腹筋や背筋、ロープを使ったトレーニングが組み込まれたサーキットトレーニングに、必死で食らいついた。高校2年になると、冬はウェートや下半身強化に取り組んだ。中学時代は130キロ前後だった球速は、徐々に上がった。

 練習試合で私学と対戦すれば実力差にはね返されたが、そのたびに「私学を倒したい」という気持ちが強まった。投球の幅を広げるため、カーブやスライダーにも磨きをかけた。

 そして最後の夏。昨秋の県大会優勝校で、今春の選抜出場の神戸国際大付と同じブロックになった。「やってきたことを試せる」。大会前から対決を心待ちにしていた。

 立ち上がりは上々だったが、気持ちが強すぎた。力んで直球が高く浮いた。二回以降は失点を重ね、五回途中でいったん降板。六回にマウンドに戻り、変化球も織り交ぜて無失点に抑えた。

 7回コールド負け。「気持ちは全てぶつけられた」。でも、相手校の校歌を聴くと、涙があふれ出た。「やっぱり悔しい。この悔しさを大学でぶつけて、プロで活躍できる投手になる」。そう誓った。(西田有里)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ