スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月19日の高校野球 愛媛

2021年7月20日04時00分

 第103回全国高校野球選手権愛媛大会は19日、2回戦の残り5試合があり、16強が出そろった。第2シードの小松は初戦を突破。東温は3年前の優勝校・済美を下した。北条、大洲、帝京五も3回戦に進んだ。20日は終業式のため休養日。3回戦は21日から始まる。

     ◇

 かつて甲子園で松山商を日本一に導いた沢田勝彦監督率いる北条が、1回戦に続いてコールド勝ち。9番打者の金本進之介選手(3年)は打率10割の活躍をみせた。

 中学3年の夏、北条の愛媛大会初戦を見た。延長十二回に本塁打が飛び出し、劇的なサヨナラ勝ち。「沢田監督と野球がしたい」。入学を決めた。

 「自分の役割に徹しなさい」「右肩は開かず、逆方向だけ意識しろ。ファウルでもオッケー」

 常に「監督さんの野球」を貫いてきた。教え通り、気負わずに「つなぐ意識」で打席に入り、三塁手の頭上を越える打球を狙った。

 1回戦は1安打2犠打。この日も3打数3安打。4打席目はきっちりと犠打を決め、役割を果たした。

 来年2月に65歳を迎える沢田監督にとっても、最後の夏。「僕は監督さんの野球をやり切るだけです」。名将と挑む夏が続く。(照井琢見)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ