スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月19日の高校野球 佐賀

2021年7月20日04時00分 朝日新聞デジタル

 佐賀大会(朝日新聞社・県高野連主催)は19日、佐賀市のさがみどりの森球場で3回戦の残り2試合があり、佐賀北と三養基がいずれもコールド勝ちし、8強が出そろった。20日は同球場で4強をかけた2試合がある。

     ◇

 初回、佐賀工の2年生遊撃手、伊東聖那(せな)は三つのエラーをした。ゴロをグラブから2度こぼし、一塁への悪送球。満塁のピンチを招き、三つ目のエラーの間に生還され、2点目を許した。だがベンチに戻ると「ナイスプレー」。先輩たちから声をかけられた。気にするな。そう聞こえた。

 相手は強豪、佐賀北。初戦とは違う球場で相手スタンドの声援が大きく聞こえた。緊張する自分がわかった。前夜、自宅でグラブを磨く時、エラーしたらとよぎった不安が的中した。

 「試合中、エラーしたり緊張したりしたら隣に来い」。試合前、同じポジションの控え選手の3年生から言われた。同じ中学の野球部出身で春までレギュラーだった先輩。ベンチに戻ると、「足を動かせ」「前に出ろ」と守備のアドバイスをくれた。攻撃の間、ずっとその隣にいた。

 四回の守備。中前に抜けそうな強烈なゴロを横っ跳びで捕球し、一塁でアウトにするファインプレーをみせた。ベンチに戻ると、「それがお前だ」「当たり前ぞ」と先輩たちがかける言葉が聞こえた。

 打たないと負ける。「どんな形でも塁に」と四回と七回、ボール球の変化球に食らいつき、中前と左前に安打を放った。盗塁も決めた。チームは一時4―4の同点に追いついたが最後は7回コールド負けした。

 試合後、最後のミーティングで「2年生のおかげでここまで来た」と言葉をつまらせる主将をみて、体操座りをした両ひざの間に顔を押し込んで泣いた。解散後、まっ先に寄って来た主将に黙ったまま肩を引き寄せられた。

 「自分を信頼してくれた3年生を忘れない。後悔しないプレーで来年戻ってきます」と伊東は言った。=敬称略(村上英樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ