スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月19日の高校野球 北海道

2021年7月20日04時00分

 19日は南北海道大会の1回戦2試合と準々決勝1試合が行われた。昨秋の全道大会を制し選抜大会に出場した北海は木村が完投し、苫小牧中央に勝利した。東海大札幌は2年生左腕門別の好投で小樽双葉に勝利。札幌日大は立命館慶祥を相手に前川佳が投げきり、6回コールドで4強に一番乗りした。20日は準々決勝3試合が行われ、4強が出そろう。

     ◇

 暑さで真っ赤になった顔で、校歌を歌う勝利チームの方をじっと見ていた。小樽双葉の大森丈二選手(3年)は捕手として、そしてゲームキャプテンとしてチームの支柱を担った。

 昨年夏に先輩たちが引退した後、主将を決める部員投票をした。大森選手と石井冠選手(同)が同票を集めた。お互いに譲り合い、なかなか決まらない。長谷川倫樹監督が「役割を分けたらどうだ」と提案し、主将は石井選手、試合では大森選手が中心的な役割を果たすことになった。

 秋の全道大会では武修館にコールド負け。「小樽地区では体が大きい方だと思っていたけど、全道はレベルが違った」。餅をたくさん食べ、増量に励んだ。「最初はつらかった。いつもおなかがぱんぱんだった」。入学時に58キロだった体重は20キロ近く増えた。

 強気で果敢な姿勢を評価されてきたが、配球の工夫が昨秋からの課題だった。この日の試合には3年間、同じ教室で過ごした先発の横野智哉投手(同)とともに入念な準備をして臨んだ。

 過去の試合動画を見て相手打者の特徴を研究し、対策を考えた。直球に合わせてくる打者にはカーブやスライダー。敗れはしたが、工夫の成果は打ち取ったゴロやフライの多さに現れていた。「2年前は細くてひょろひょろしていたが、体も心も大きく成長してくれた。頼もしいゲームキャプテンだった。捕手としてもナイスリード」と、長谷川監督は満足した様子だった。

 実家は島牧村で漁業を営む。「漁師は野球よりもきついから継ぎたくない……」。進路は悩み中だ。(川村さくら)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ