スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

雨で試合が中断したとき、過ごし方は大切 高嶋仁の目

2021年7月19日15時40分

 (18日、高校野球和歌山大会 高野山10-1笠田)

 この日、3試合目の高野山と笠田の試合は、雨のため約2時間半中断しました。その間、ベンチにいる選手たちも多いようにみえましたが、私なら室内練習場に移動させ、バッティング練習やティーバッティングをさせたと思います。

 長い中断後の四回裏からは、両チームともよい当たりがほとんどみられなくなりました。中断している間の試合再開に対する準備が不足していたように感じました。

 15日の市和歌山と県和歌山の試合で、雷がなり中断したとき、市和歌山の選手たちはすぐに室内練習場に移ったようです。どんな練習をしたかはわかりませんが、再開後に連打で大量点を奪いました。

 雨で試合が中断したり、開始が遅れたりしたときの過ごし方は大切です。

 監督時代の2007年に奈良県立橿原球場であった秋季近畿地区高校野球大会の初戦も、雨で試合開始が大幅に遅れました。対戦相手の大阪のチームは「中止になるのではないか」という感じで過ごしていたようですが、私は「絶対に試合をして帰る」と選手たちに言い、待っている2時間ほど、寝ているように指示しました。開始が決まってから気持ちを切り替えさせ、体を準備させて臨みました。

 試合は相手投手の立ち上がりを攻めて初回から3点を奪う快勝。その大会はベスト4に入り、翌春の選抜出場をつかみました。

 (智弁和歌山・前監督)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ