スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月18日の高校野球 静岡

2021年7月19日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権静岡大会(静岡県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は18日、県内8球場で2回戦16試合があった。シード校4校は順当に勝ち上がったが、一昨年準優勝の駿河総合は島田商に敗れた。3回戦は20日、8球場で16試合が予定されている。

     ◇

 1点差で迎えた八回表、富士は安打や四球などで一死満塁のピンチを招いた。マウンドにはエース・平田喜己投手(3年)。「絶対に抑える」と気合を入れた。

 強豪・東海大静岡翔洋相手に六回までに4失点する苦しい展開。だが六回裏、4点を追うチームは代わったばかりの相手投手を攻め、1点差にまで詰め寄っていた。「ここを抑えれば次の攻撃につなげられる」。ギアが上がった。

 相手の代打を内野ゴロに打ち取り、本塁封殺で2死。なおも満塁のピンチに、最後は自信のある直球で狙い通り三振に抑えた。

 久保田達也監督も「チームの中で頭一つ抜けている」と評価するが、入学直後からケガに泣かされてきた。1年と2年の春に2度ひじを痛め、昨秋には足首を負傷。満足に練習が出来ない中、座ったままボールを投げて感覚を保ってきた。チームの力になりきれないもどかしさを感じながら努力を続け、4番エースの座をつかんだ。

 もう一つ、負けたくない理由があった。久保田監督は今年度で定年を迎える。最後の夏、「少しでも多く野球をやって、成長した姿を見せたかった」。

 今までで一番良い姿を見せると臨んだ試合。5失点ながら9回を一人で投げ抜いた。「応援やチームメートにも助けられて完投できた」。最後はすがすがしい表情で話した。(山崎琢也)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ