スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月18日の高校野球 山形

2021年7月19日04時00分

 第103回全国高校野球選手権山形大会は18日、県野球場で準々決勝の2試合があった。春準優勝の日大山形は米沢中央を制した。酒田光陵は第3シードの羽黒を1点差で破り、公立勢としては唯一、4強に残った。準決勝の2試合は、県野球場で22日に行われる予定だ。

     ◇

 日大山形は、かつて父を負かせた相手だ。

 米沢中央のエース、池野拳(けん)君(3年)は四回裏、ピンチに直面した。1死一塁で迎えた打者にストライクが入らず、盗塁で揺さぶられて四球。際どいコースを突こうと意識し過ぎた。次打者でもボールが三つ先行。ストライクが入ったと思ったら、5球目を左前にはじき返され、1死満塁とされてしまった。

 内野の選手らが駆け寄る。「思いきり投げろ。打たれても気にするな」。そう言われて吹っ切れた。変化球主体に組み立て、続く2打者は打たせて取った。

 スタンドで応援していた父・豊さん(50)も33年前、米沢中央のエースとして同じマウンドに立っていた。2年続けて山形大会決勝で投げ、甲子園行きは逃している。負けた一方の相手が、日大山形だった。

 拳君は小1から野球を始め、中学では県大会でエースとして優勝。いくつもの強豪の高校から誘いを受けていた。地元の米沢中央を選んだのは「お父さんを超えたら自慢できるかな」と考えたからだ。甲子園を目指し、毎晩遅くまで自主練習を続けてきた。

 「拳」の名前には「勝利の拳を挙げてほしい」との、豊さんらの願いが込められている。これまでの試合では、勝っても拳を挙げなかった。「夏の優勝のガッツポーズでと決めていた。できなくて悔しい」。試合には敗れたが強打の日大山形を4失点に抑えた。大学でも野球を続ける。拳はその時まで取っておく。(福岡龍一郎)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ