スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月18日の高校野球 三重

2021年7月19日04時00分 朝日新聞デジタル

 三重大会は18日、4球場で2回戦9試合があった。昨秋の県大会優勝校の三重は、2点本塁打を含む13安打の猛攻で桑名西に快勝。一方、松阪商―木本戦は雨のため、2日連続で順延となった。この残る2回戦1試合は19日午前10時から、ドリームオーシャンスタジアムで予定されている。

     ◇

 桑名西は五回までに7点を奪われ、六回もピンチを迎えていた。2死三塁、2番打者が打席に入る直前、捕手の福田優君(3年)はマウンドに駆け寄った。

 「焦るな」。エースの辻虎太朗君(3年)に声をかけた。一呼吸置いた辻君は一気に2ストライクまで追い込むと、最後は投ゴロでこの回を抑えた。

 昨秋の県大会地区予選では、投手の言いなりになることが多かった。「球が甘くなっている。この配球で本当にいいんだろうか」。試合中、そんな言葉がのど元まで出かかったが、「衝突して嫌われたくない」という気持ちが勝り、口にすることはなかった。

 「あのとき、自分が思っていた配球が正しかったんじゃないか」。地区予選の敗退後からは、思っていたことをどんどん辻君へぶつけるようになった。

 「もっと厳しいところに投げてくれよ」「責任持って投げてくれ」――。厳しい言葉も辻君は受け入れてくれた。「嫌われるかも」は思い込みだった。

 今大会は投手と自分を落ち着かせるため、何度もマウンドに駆け寄った。先発した清水春希君(2年)には、「どんどん投げてこい」と声をかけ、緊張をほぐした。

 試合後、福田君は晴れやかな表情で言った。「悔しい。でも、ピッチャーとの会話を楽しめた」(岡田真実)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ