スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月18日の高校野球 大分

2021年7月19日04時00分 朝日新聞デジタル

 大分大会は18日、3回戦3試合があり、藤蔭、大分商、高田が8強に駒を進めた。藤蔭は情報科学に序盤大量点を奪われたが、起死回生の同点満塁弾などで巻き返した。大分商は大分国際情報に競り勝った。高田は昨夏の独自大会を制した第1シードの津久見からスクイズで勝ち越し点を奪い、再三の好守で守り切った。

     ◇

 情報科学の背番号1、朝倉月輝(るな)選手(3年)はキャッチャーマスクを外して救援のマウンドにあがった。

 三回裏1死満塁。犠飛を放たれ1点を失い、さらに四球を与えて2死満塁となったが、気持ちを切り替えて次打者を自信のある直球で三振にうちとった。

 小学校4年のころから捕手。肩の強さを買われ、昨秋からエースナンバーをまかされた。「その分、出られない選手もいる。やるからには頑張らないと」と制球力を磨いた。

 この日は捕手として先発し、機動力のある藤蔭相手に久保和也(2年)、安藤朔也(同)、佐々木大雅(同)の3投手をリードし、途中で左翼手も務めた。

 「久保は直球が走っていたのでその緩急。安藤は直球でカウントをとりフォーク。変則で左投手の佐々木は変化球の制球で打者と駆け引き」。それぞれの持ち味を引き出し、3大会連続での夏の甲子園出場を目指す強豪とがっぷり四つの勝負に持ち込んだ。

 打者としては二回、大量点の口火となるチーム初安打を放った。九回表2死、古野航也主将(3年)の打席を笑顔で次打者席から見守った。「キャプテンで終わるのなら悔いはないと思って」

 試合後、「最高の試合ができてよかった」と晴れやかな顔で語った。赤嶺司監督は「投手、捕手、野手と無理をさせたが、よく頑張ってくれた」とねぎらった。(寿柳聡)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ