スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月18日の高校野球 鳥取

2021年7月19日04時00分 朝日新聞デジタル

 鳥取大会は18日、2回戦3試合があった。倉吉総合産が倉吉東との接戦を制し、5年ぶりに初戦を突破した。シード校は明暗が分かれ、鳥取城北が鳥取西に破れたが、鳥取商は鳥取工に快勝した。19日は2回戦2試合があり、8強がそろう。

     ◇

 昨夏、独自大会の初戦で倉吉東にサヨナラ負けを喫した倉吉総合産。今年も同じ対戦相手となったが、昨年も出場した吉田龍君(3年)の適時打が決勝点となり、雪辱を果たした。

 チームは前半にリードを奪ったが、中盤以降はなかなか打線がつながらず、重苦しい展開に。「外野、風があるぞっ」「楽しんでいこうっ!」。吉田君は懸命に声をあげ、チームを盛り上げ続けた。

 同点のまま迎えた九回表、2死一、三塁で9番打者の吉田君に打席が回ってきた。「絶対に1番につなげるんだ」。追い込まれた後、内角の直球に必死で食らいついた。打球は左翼線へ飛んで弾み、貴重な勝ち越し打となった。「チャンスで打てて、最高にうれしい」

 吉田君の一打で、チームの雰囲気は一気によくなり、夏の選手権大会では5年ぶりの初戦突破となった。定常弘顕監督は、「粘りを信条とする吉田が打ってくれた。非常にうれしい」と笑った。(大久保直樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ