スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球千葉大会 4強決定

2021年7月19日04時00分

 第103回全国高校野球選手権千葉大会(県高野連、朝日新聞社主催)は18日、2球場で準々決勝4試合があり、ベスト4が決まった。2019年大会優勝の習志野は2―6で木更津総合に敗退。専大松戸は千葉明徳との接戦を延長十一回の末、制した。中央学院は千葉黎明を完封し、八千代松陰は日大習志野にコールド勝ちした。19日の調整日をはさみ、20日に準決勝、21日に決勝がいずれもZOZOマリンで予定されている。

     ◇

 延長十一回表1死二塁で、専大松戸の4番打者を迎え、カウント2―2となった場面。マウンド上の千葉明徳の水野源章(もとふみ)投手(3年)は、西本健人捕手(2年)のサインに首を横に振った。

 西本捕手が要求したのは外のスライダーだった。水野投手は「スライダーが抜けてしまって本塁打を打たれるよりも、真っすぐが投げたい」。力強く投じた137球目。右前にはじき返され勝ち越しを許した。

 昨秋に背番号「1」を背負った。だが、大会前から右肩に痛みが出た。冬に投げ込みができず、春の県大会でも数イニングしか投げられなかった。「主将でもある自分が結果を出せず、申し訳なかった」

 春以降、肩の痛みが和らぎ、今大会では的を絞らせない投球で凡打の山を築いた。計18回を6失点と好投した。初めてのベスト4進出をかけた専大松戸戦。岡野賢太郎監督は「今日は何があっても最後まで水野でいこう」と決めていた。

 しかし、序盤は制球が定まらず、四球を続出した。強力打線を相手に「ぎりぎりの球」を投げる意識が先行したせいもあった。西本捕手は「落ち着いて、(アウトを)一個ずつ」「後ろが捕ってくれるから打たせて」と声をかけた。

 中盤になると味方の安打が増えた。「打たれてもみんなが打ってくれる」と楽な気持ちで投球できるようになった。四回以降、テンポよく投球ができ、十回まで散発3安打に抑えた。

 「外の真っ直ぐとスライダー。どっちが来るか考える間もなく打たされた」。延長十一回までの投げ合いを演じた専大松戸の岡本陸投手(3年)は、水野投手の投球をたたえた。

 試合後、「悔いは残る」と言った水野投手は、「岡本投手と投げ合えて光栄だった」とすこし笑った。「あと、自分の選択で打たれたんだから悪くないとあいつ(西本捕手)に伝えたい」=ゼットエー(上保晃平)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ