スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月18日の高校野球 福岡

2021年7月19日04時00分

 福岡大会は18日、4回戦の残り6試合があり、福岡工大城東、西日本短大付、祐誠、飯塚、折尾愛真、戸畑が勝ち進んだ。戸畑は八女工に何度も本塁に迫られたが守り抜き、延長十一回の決勝打で辛くも逃げ切った。これで16強が出そろい、19日はシード校同士がぶつかる5回戦が始まる。

     ◇

 「絶対に気持ちで負けない」。八女の三塁手、大隈海門(かいと)君(3年)は、ここまでの2試合で18点を挙げた強力打線の飯塚との試合に、そんな思いで臨んだ。

 三回。1死満塁のピンチで飯塚の4番打者の鋭いライナーが三遊間へ。抜かしてなるものかと頭から飛びつくとグラブに白球が吸い込まれた。素早く起き上がり、三塁ベースに飛び込んで三塁走者もアウトに。1人で重殺を完成させた。

 打撃では初回の先制適時打を含む3安打。大隈君の攻守にわたる活躍もあり、序盤は八女ペースで進んだが、中盤以降は得点を重ねられ、七回コールド負け。

 3回戦では九回に5点差を追い付き、十回に逆転勝ちするなど自分たちの野球は貫けたと思う。1958年夏には甲子園の土を踏んだ古豪。大隈君は「後輩たちに復活への橋渡しはできた」と、胸を張ってグラウンドを去った。(吉田啓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ