スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月18日の高校野球 徳島

2021年7月19日04時00分 朝日新聞デジタル

 18日の大会第8日は、鳴門市のオロナミンC球場で2回戦3試合があった。昨夏の独自大会準優勝の徳島商が、城西との乱打戦の末に競り勝った。第2シードの阿南光、鳴門渦潮とともに準々決勝への進出を決めた。

     ◇

 「秋に負けて悔しかった分、冬に走り込みなど厳しいトレーニングを積んできた。ピンチの時は冬の練習を思い出して投げた」

 昨秋の県大会準々決勝で完封負けを喫した徳島北を相手に、阿南光の2年生エースの左腕・森山暁生君が一人で投げきった。再三得点圏に走者を背負ったが、最速140キロ前半の速球と多彩な変化球で要所を締めた。

 打っても、四回に2点適時打を放って先制。一、二回に相手守備に二つの併殺を取られた嫌な流れを断ち切った。完封勝利でリベンジを果たした。

 昨夏の独自大会では1年生ながら3番手投手として登板。準決勝では、猛打を誇る徳島商打線を3イニング無安打に抑え、大投手の片鱗(へんりん)を見せていた。

 1年経って、さらに一回り大きく成長。ボールを受け続けてきた捕手の岡川涼弥君(3年)は「1年生の頃は力で投げている感じだったが、今はしっかりと下半身を使い、球も重くなった」と信頼を置く。

 森山君は「体力をつけて、完投できるようになったのが大きい。相手がどこになっても、下克上の精神で投げ抜きたい」とすでに次戦を見据えていた。(吉田博行)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ