スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月18日の高校野球 富山

2021年7月19日04時00分 朝日新聞デジタル

 富山大会は18日、4球場で2回戦8試合があり、16強が決まった。富山北部・水橋、氷見、新川はコールド勝ち。福岡は5点差をひっくり返す乱打戦、入善は接戦をそれぞれ制して勝ち進んだ。3回戦8試合は22日に4球場であり、8強が出そろう。

     ◇

 三回表無死一塁。国際大付のエース西田彪悟(ひゅうご)君(2年)が、救援投手としてマウンドに上がった。遊撃手で出場したが、いつでも投げる心の準備は出来ていた。

 「後は任せた」。先発の肥田裕和(ゆうわ)君(同)から声を掛けられるとスイッチが入った。「仲間のミスは自分がカバーする」。この回、1点を失ったものの、気迫の投球で後続を抑えた。

 昨秋の県大会では、自分たちの野球が出来ず、3回戦で氷見に大敗。球速アップを目指し、冬場の筋力トレーニングに加え、丼一杯のごはんを食べて体重増に努めた。入学時に比べて体重は10キロ増え、球速も以前に比べて大幅にアップした。今大会はエースで4番を任され、チームの大黒柱として臨んだ。

 192球を投げた初戦の疲れは、この日のマウンドでは感じず、変化球の切れも良かった。「気持ちでは負けない」。中盤は毎回走者を背負いながら、粘り強い投球で無失点に抑えた。

 四回無死一塁の場面では、投前ゴロを二塁へ素早く送球し、送りバントを阻止。七回には1点を加える適時打を放ち、「エースで4番」にふさわしい活躍をみせた。

 終盤、追加点を許したが、九回に連続三振を奪うなど気迫は最後まで衰えなかった。島実沙樹監督は「気持ちを入れて、よく投げてくれた」とエースをたたえた。西田君は「3年生のためにも勝ちたかった。来年は甲子園に行くつもりでやっていきたい」と決意を新たにした。(井潟克弘)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ