スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月18日の高校野球 神奈川

2021年7月19日04時00分

朝日新聞DIGITAL

 第103回全国高校野球選手権神奈川大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は18日、8球場で16試合があった。慶応が橘を九回に逆転サヨナラで破ったほか、日大藤沢が平塚学園を振り切るなど、シード7校全てが勝った。19日は予備日のため試合は行われず、20日は8球場で4回戦16試合を予定している。

     ◇

 4点を追う七回裏、川崎総合科学は貝瀬永遠(とわ)選手(3年)が三塁打で出塁。三回以来の安打が出て、2番岩井悠哉主将(3年)に好機で打席が回ってきた。

 「どうしても1点かえしてやる」。ここまでの3打席は速球に詰まったが、そこに狙いを絞って捕手寄りに構えた。2球目、外角のボール気味の速球に食らいついた。打球は右翼線への二塁打に。貝瀬選手を生還させ、主将としての意地を見せた。

 昨夏の独自大会で3勝した川崎総合科学。専用のグラウンドもなく、岩井主将らが入学する前は連合チームを組むほど部員が少なかった。最速140キロを超えるエース加藤隆斗投手(3年)らと1年生から主力として活躍。主に使っていた河川敷のグラウンドは一昨年秋の台風の影響で1年以上使えなかったが、以前連合チームを組んでいた市川崎のグラウンドなどで練習してきた。

 「その人格がチームの最大の魅力」と遠藤順久監督が評する岩井主将。「(グラウンドを)貸してもらった恩返しがしたい」と、独自大会を越えるベスト16、そして優勝をめざした。だが、昨秋県8強に入った白山が攻守に上回った。

 九回裏2死三塁、再びチャンスで打席が回ってきた。果敢に初球を打ち返したが、投ゴロに。整列が終わると悔しさがあふれた。「昨年を越えることができなかった。後輩たちには総合科学の歴史を変えてもらいたい」。目を赤くして声を絞り出した。(黒田陸離)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ