スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月18日高校野球 群馬

2021年7月19日04時00分

 群馬大会は第8日の18日、2回戦6試合があった。健大高崎と高崎商の両シードはコールド勝ち。前橋育英は皆川の2試合連続本塁打などで館林商工を圧倒した。桐生第一は伊勢崎清明に競り勝った。利根商は終盤に差を広げ、昨秋8強の高崎商大付を下した。常磐は一時6点差を追いつかれたが後半に突き放した。19日から3回戦に突入する。上毛新聞敷島と高崎城南の両球場で計4試合がある。

     ◇

 「走者をかえす。それだけを考えていた」

 3点を追う五回表、2死一、三塁。伊勢崎清明の新井貫太(3年)は狙っていた直球を振り抜いた。やや詰まったが、左翼線に落ちる二塁打となり、走者2人が生還。気持ちで打った一打だった。

 昨秋の県大会。背番号3をつけていたが、3回戦の高崎北戦では先発メンバーから外れた。試合は0―1で敗れた。

 その少し前から打撃が思うようにいかず、練習試合では守備でミスも。後輩の台頭もあり「このままじゃレギュラーから外れる」と危機感を持った。それ以来、早朝練習には欠かさず参加し、授業開始までの1時間を打撃練習に充てた。

 前監督の教え「文武両道」の実践を心がける。成績優秀で何事にも一生懸命。高田繁監督は「力が拮抗(きっこう)する選手もいる中、人間性を買ってレギュラーに選んだ」。4番を打つ主将の松本貫太郎(3年)も「練習への意識の高さはチーム一」と評する。

 1回戦でシードの前橋東を破って臨んだこの試合。新井の適時打で1点差に迫ったが、強豪・桐生第一に惜しくも敗れた。新井は「力は出し切れた」。目を真っ赤にしながら胸を張った。(中村瞬)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ