スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月18日の高校野球 福島

2021年7月19日04時00分 朝日新聞デジタル

 福島大会は18日、3球場で4回戦8試合があり、8強が決まった。福島成蹊は小名浜海星との接戦を制し、昨夏の独自大会を除いては初の8強入り。相馬も尚志を破り、29年ぶりの8強入りを決めた。準々決勝4試合は20日にヨーク開成山といわきグリーンで予定する。

     ◇

 2試合続けてコールドで勝ち上がった相手打線は、わずかな隙を見逃してはくれなかった。

 福島東の2点リードで迎えた六回裏。エースの鈴木征士朗(3年)は2死を奪った後、安打と四球で一、二塁のピンチを迎えた。学法石川の6番打者への3球目。高めに浮いた直球をはね返され、走者2人が生還して同点に追いつかれた。続く七回には味方の失策と安打で勝ち越された。

 今春の県大会につながる支部予選の直前、学校で新型コロナウイルスの感染者が出て出場を辞退。悔しさを抱えながら、夏の大会に向け、低めのボールを意識して投球練習に励んだ。

 この日も五回までは変化球と直球を低めに集めて、2安打無失点と結果は出せた。ただ、試合後は目を真っ赤にして悔しさをにじませた。「六回以降は自分の体力のなさから球が浮き始めて、長打にされた。相手の力を感じました」(福地慶太郎)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ