スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月18日の高校野球 新潟

2021年7月19日04時00分

 第103回全国高校野球選手権新潟大会は18日、3回戦8試合があり、16強が出そろった。今春4強の第5シード新潟が柏崎工に敗れた。新津は延長十一回の末、長岡大手との接戦を制した。新津工はサヨナラ勝ちで小千谷を破った。19日は試合がなく、20日に4回戦8試合が行われる。

     ◇

 八回表1死二、三塁、5連続安打を浴び8点差をつけられても、エース丸山悠生(ゆい)(3年)は諦めなかった。相手5番を内角高めの直球で三塁ゴロに仕留めた。次打者も内野フライに打ち取った。

 「超えたい」と思う先輩がいた。2019年夏、糸魚川は7年ぶりの4強入り。立役者はエースの渡辺勝誠(しょうせい)(当時3年)。東京学館新潟に敗れたが、強豪私学を相手に1人で投げきった。丸山も控え捕手として1年生でベンチ入りし、試合前にブルペンで球を受けた。「勝誠さんみたいなエースになりたい」と投手を目指すようになった。

 中学では投手と捕手の兼任だったが、高校ではチーム事情で捕手に専念。後輩捕手が育った昨秋からは念願がかない投手に。もともと肩は強かったが、ブランクによって生じた投球フォームの修正には動画を何度も見て時間を費やした。春以降はエースナンバーとなり、春の県大会では継投での登板だったが3回4奪三振と結果を出した。

 今夏、初戦を勝ち上がり迎えた因縁の東京学館新潟との対戦。前日渡辺からLINEが届いた。「俺を超えろよ」。丸山は「140キロ出します」と返し、この日のマウンドに上がった。

 四回までは、持ち味の伸びのある直球と制球力を武器に相手打線を無失点に抑える。だが、五回、暴投や味方の失策などで2失点。七、八回は疲れから甘く入った直球を狙われ、7点を失った。それでも2年前の渡辺の雄姿を思い出し投げ続けた。チームは八回裏、四球を挟んだ3連続安打で2点を返し、意地を見せたが八回コールドで敗れた。

 深井浩司監督は、ベンチで控え投手の加藤優真(1年)と東野亜輝(同)に「エースの姿を目に焼き付けておけ」と指示した。加藤は「たくましかった」、東野は「2年後あそこに立って投げたい」。

 試合後、丸山は「少しは勝誠さんに近づけたかな。悔いが残らないといったらうそになるけど、諦めず、やりきりました」。(小川聡仁)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ