スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月18日の高校野球 香川

2021年7月19日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権香川大会は9日目の18日、高松市のレクザムスタジアムと丸亀市のレクザムBP丸亀で3回戦計3試合があった。尽誠学園がサヨナラ勝ち、三本松と大手前高松はコールド勝ちで8強入りを決めた。19日は雨で延期となった1試合が高松である。

     ◇

 0―1で迎えた九回の攻撃前、小豆島中央ベンチで、主将の浜本大翔君(3年)が声を上げた。「行くぜ、この回しかねえぞ」

 1、2回戦を終盤の逆転で勝ち上がってきた。高瀬との初戦は3点差の八回に7点を挙げ、続く四国学院大香川西戦は1点を追う九回2死から2点を奪うサヨナラ勝ちだった。

 ただ、チームは逆転劇で勢いづく一方、自身は2試合とも無安打で乗り遅れた。4番打者として、もどかしい思いも感じていた。

 またも追う展開となったこの試合、九回1死二塁で打席が回ってきた。フルカウントからの8球目、内角の直球を捉えた打球は弧を描き、フェンスを直撃した。同点。二塁ベース上で拳を高々と掲げた。

 ベンチ入りの20人全員が小豆島中か土庄中の出身で、小学校の時から島の連合チームでともにプレーしてきた。2016年に前身の小豆島が選抜大会に出場した時、甲子園の砂が配られた。「みんなでこの砂を甲子園に返しに行こう」。同じ島の仲間で同じ夢を追いかけてきた。

 十回裏1死満塁のピンチを無失点で切り抜け、3戦連続の逆転勝利を手にしかけたが、競り負けた。それでも、昨夏の独自大会を制した尽誠学園を追い詰めた選手たちに、観客の拍手は鳴りやまなかった。

 試合後の整列。浜本君に球審が土のついた試合球を手渡した。「持っとけ」。好ゲームは審判の心も揺さぶった。少し驚いた表情で受け取ると、大事そうにポケットにしまった。(堅島敢太郎)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ