スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月18日の高校野球 宮崎

2021年7月19日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権宮崎大会(朝日新聞社、県高野連主催)は18日、ひなたサンマリンスタジアム宮崎で2回戦2試合があった。いずれも延長十一回までもつれ、都城泉ケ丘は延岡工に逆転勝ち、延岡星雲は日南振徳にサヨナラ勝ちした。16強が出そろい、19日の休養日を挟み、20日から3回戦が始まる。シード8校のうち7校が勝ち残ったが、勝利の行方は見通せない。3回戦では、延岡学園―小林西、富島―宮崎日大といった好カードが続く。

     ◇

 同点で迎えた延長十一回表2死一、三塁、延岡工の内野陣がマウンドに集まった。エースで主将の瀬戸口和絃仁(なおひと)君(3年)は「最少失点でいこう。打たせて取ろう」と呼びかけた。

 申告敬遠で満塁に。続く打者への2球目。外角低めを狙った直球が高めに入った。鋭い打球が左翼線を破り、走者3人が本塁を駆け抜けていった。

 「お前しかいない。投げきれ」。岩崎全将監督に後押しされ、五回にマウンドに上がった。六、七回は三者凡退に抑えた。だが、七回から右脚がつっていた。直球が高めに浮き、九回に同点を許してしまった。

 延岡工は昨夏の独自大で、毎試合2桁安打で宮崎商、都城商、延岡学園と強豪に打ち勝ってベスト4まで進んだ。今夏も「勇気と覚悟を持って攻める野球」を掲げ、打撃練習に注力。先輩を超え、甲子園に出る夢を追ってきた。

 七回裏。2球目の高めの直球を振り抜くと、打球はぐんぐん伸びて右翼席に飛び込んだ。公式戦で初の本塁打。ガッツポーズでベンチに戻り、仲間たちと喜び合った。この日は5打数4安打1打点。主将として、打線を引っ張り続けた。

 試合後は悔しさと充実感が入り交じった。「投手として踏ん張りきれなかったのは申し訳ないけど、延岡工の『攻める野球』は十分体現できた」。(平塚学)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ