スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月18日の高校野球 岡山

2021年7月19日04時00分 朝日新聞デジタル

 岡山大会第9日の18日、3回戦4試合があった。シード校のおかやま山陽、総社南はそれぞれ岡山学芸館、津山東を破って8強入り。岡山城東は倉敷工を振り切り、就実は岡山商大付との点の取り合いを制した。19日は3回戦4試合があり、8強が出そろう。

     ◇

 ともに甲子園出場経験がある岡山学芸館とおかやま山陽。18日の試合は、アクシデントで幕を開けた。

 一回表、おかやま山陽の攻撃。先発した岡山学芸館の右腕・仲村竜君(3年)の頭を、2番打者の鋭い打球が直撃した。仲村君は大事をとってそのまま病院へ。背番号11の左腕・西村陸努(りくと)君(3年)に、思わぬ形で出番が巡ってきた。

 16日の明誠学院戦で146球を投げて完投したばかり。それでも慌てたところはなかったという。

 1年生の夏は作新学院(栃木)相手に甲子園のマウンドへ。動じない性格で責任感も強く、佐藤貴博監督は今年3月、「名実ともにチームを背負って欲しい」と主将を言い渡した。

 自分の成長だけを考える日々から、チーム全体に目を配るようになった。練習中のコミュニケーションも率先し、負けても「前を向こう」と部員の背をたたいてきた。最後の夏、背番号11は「左のエースのお前にしか付けられない番号だ」と佐藤監督から託された。

 だが、おかやま山陽の打者はスイングが鋭い。二回はボークで先制を許し、2点適時打も浴びた。五回はランニング本塁打を含む6本の安打を打たれ、4与四球で7失点。「この夏は西村と仲村で勝負する」。監督のそんな信頼を感じ取っていたから、苦しいマウンドでも最後まで投げきるつもりだった。

 「俺たちは勝ちきれなかった。お前らが甲子園に戻ってくれ」。試合後、最後は主将の顔になって後輩へエールを送った。(中村建太)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ