スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 静岡

2021年7月18日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権静岡大会(静岡県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は17日、草薙など8球場で2回戦16試合があった。18日も8球場で2回戦16試合が予定されている。

     ◇

 8点を追う七回表、最後のバッターが見逃し三振に倒れると、遠江総合の高橋帝雅主将は天を仰いだ。日大三島相手にコールド負けが決まり、最後の夏が終わった。

 ここまでの道のりは決して平坦(へいたん)ではなかった。3年生はわずか3人。廃部寸前の部を支え続けた。

 2019年の選手権大会には佐久間と連合チームを組んで出場した。当時の3年生2人が抜けると、部に残ったのは1年生だった高橋主将ら3人だけだった。

 上級生がいないため1年生で主将になったが、「相談できる先輩がいなくて取り残された気がした」。何度も退部を考えたが、続けてこられたのは応援してくれる両親や祖父母に活躍する姿を見せたかったから。そして、「部員は俺がなんとかするから全力で野球に打ち込め」と励ましてくれた飯塚大佑監督の期待に応えたかったからだ。

 それからは猛烈に練習した。少人数でもメニューは以前と同じ。ノックは10秒に1度球が飛んで来る。そんな練習を必死に続けた。

 部員集めの成果もあり、翌春には10人の1年生が入部した。単独チームとして自分たちの野球ができることがうれしくて、気心の知れた仲間たちとのチームは居心地がよかった。

 8年ぶりの1勝を目指して挑んだ夏。21人に増えた仲間たちを「まだあきらめんな!」と最後まで鼓舞し続けた。

 「よくここまで頑張ってきたな」。試合が終わり、そう思ったら涙がこみ上げた。それでも最後は晴れやかな表情に。「後輩たちのおかげでここまできた。とにかく楽しかったし、全力を出し切れたので悔いはありません」(山崎琢也)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ