スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月17日の高校野球 京都

2021年7月18日04時00分

 全国高校野球選手権京都大会は8日目の17日、3球場で9試合が行われた。シード校の乙訓と、龍谷大平安の注目の一戦は、延長十回に5点を勝ち越した乙訓が9―4で制した。同じくシード校の西城陽は、久御山に6―3で逆転勝ち。同志社は追い上げる峰山を7―6で振り切った。

     ◇

 延長十回。最後の打者が空振り三振に倒れると、龍谷大平安の主将、吉田元君は一塁上でヘルメットを取り、天を仰いだ。3時間に及んだ熱戦が終わり、歓声の中、誰よりも早く試合後のあいさつに並んだ。

 一回、乙訓の主将、谷口大空(そら)君の安打で先制された。これが龍谷大平安の4番、吉田君に火を付けた。「次は、平安の主将の自分が取り返したる」

 その裏、吉田君は2死二塁からの2球目。乙訓の主戦、北見隆侑(りゅうすけ)君の高めの直球を、思い切り振った。「良い感じに打てた」。打球は左翼フェンスに直撃した。適時二塁打で、すぐさま1点を返してみせた。

 速球対策として、打撃マシンを145キロに設定し練習を積み重ねた。低めの変化球を見きわめるため、追い込まれてからはノーステップ打法にする作戦で挑んだ。だが、尻上がりに調子を上げてくる北見君の投球にチームは苦しんだ。「想像以上に変化球のキレがよくて、投手のペースにさせてしまった」

 九回裏2死から、チームはこの日初めての連続安打で追い上げ、延長に持ち込んだ。「粘り強い平安の野球が出せた瞬間だった」

 だが勝負を分けたのは延長十回だった。主戦石田琉稀(りゅうき)君が連打を許し、継投した3投手も乙訓打線を止められなかった。昨秋の府大会決勝の再戦は、シード校の乙訓にリベンジを許す結果となった。

 初回の適時打は、原田英彦監督に「4番らしい最高の当たりだった」と評価を受けた。春季府大会は守備の乱れでコールド負けを喫したが、この日は無失策で終えた。吉田君は「一度も勝ち越せなかったのは自分たちの力が無かったということ。最後は監督を甲子園に連れて行きたかった。悔いが残る」と話した。(吉村駿)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ